しっかりチェックを!?包茎治療の治療法とは

包茎の状態を知る事が重要

男性のコンプレックスの一つに、包茎であるかどうかを挙げる人は多いです。通常成長とともに包皮が剥けていくため、状態によっては何らかの形で改善しなければなりません。ですが包茎にも様々な種類が存在し、それぞれに応じた改善方法を選択する必要があります。その判断を間違えてしまうと男性器を傷つけてしまったり、場合によっては緊急の手術などが必要となることもあるため、まずは包茎の状態についてしっかり知っておかねばなりません。

包茎の様々な状態とは

日本人は体質的に包茎が多く、その中でも最も多いのが仮性包茎です。これは勃起時になれば包皮が剥けるものの、基本的には亀頭部分が包皮につつまれている状態のことです。ただしこれは少しずつ自身の手などで剥くことで改善が行えたり、性行為事態には問題ない場合が多いです。次に挙げられるのがかんとん包茎で、ある程度剥けるものの包皮自体が亀頭を締め付けてしまうため、激痛などが起こってしまうことがあります。最後に全く剥けていない状態のことを真性包茎といい、こちらは性行為の際に問題があるだけでなく、雑菌の温床となってしまうこともあるため早急な改善が必要です。

状態に合わせた包茎の治療法を

現在包茎の治療は一般的には包皮を切るものが多く、人によっては手術跡によって治療を行ったのがバレるのが嫌だと感じます。しかし最近では手術跡が全く目立たないように処置を行うこともでき、安心して治療を受けることが可能です。また仮性包茎など軽度の包茎であれば切ることなく改善を行うことも可能です。このように自身の状態に合わせて治療方法を選択できるため、まずは自身の状態を確認し、治療院に相談することをお勧めします。

包茎の種類により包茎手術がどれくらい必要か違ってきますのでまずは包茎の種類を確認します。今ではすくない出血量で手術可能になっているので安心して手術を受けられます。